ピリピ2:19-24 北松戸福音教会牧師 都鍾倍

〖困難の中で教会を思う】

パウロはローマでの投獄中この手紙を書いています。
獄中生活は決して楽ではありません。実際パウロが入れられたと思われる場所を直接見た人の話を聞くと暗くて湿ったところだったと言います。年老いたパウロが生活するには過酷な場所です。パウロは困難の中にいたのです。
一般的に人が困難の中にいる時は、まず自分の身のことに心を配ることでしょう。
しかしパウロは自分の身よりも先にピリピ教会を心配しています。
パウロがピリピ教会を心配していることは次の言葉からよくうかがえます。20節です。
「テモテのように私と同じ心になって、真実にあなたがたのことを心配している者は、ほかにだれもいません。」パウロはテモテが自分と同じ心になっていると語っています。そして、そのテモテの心はピリピ教会を心配していると言っています。そしてこのようにピリピ教会を心配しているテモテをピリピ教会へ送りたいとパウロは言っています。
19節です。
「しかし、私もあなたがたのことを知って励ましを受けたいので、早くテモテをあなたがたのところに送りたいと、主イエスにあって望んでいます。」
そして、23節にもそのことを語っています。
「ですから、私のことがどうなるかがわかりしだい、彼を遣わしたいと望んでいます。」
パウロはテモテを通してピリピ教会のことを知りたい、またそれによって励ましを受けたいと言っています。
これはピリピ教会が主にあって成長することを望んでいる心であり、成長する姿をみることによって励ましを受けたいという親心でもあります。パウロは困難の中にいましたけれども、常にその心は自分の伝道によって生まれた教会の成長にありました。
「心配する」と聞くと少し否定的に感じられるかも知れません。
聖書の中にも、心配することを不信仰としてとらえる個所があります。神様を信頼せず心配することをイエス様は戒めておられます。
しかしこの個所の「心配する」ということは、愛と関心の故で心に止めることを意味しています。
離れていながらも教会が健全に成長していくことを願う心の表れです。

〖言葉だけではなく行動をもって】

パウロは言葉だけをもって心配しているわけではありません。愛をもってピリピ教会を心配し、その心を行動で示しています。パウロにとって今自分の傍にいるテモテをピリピに送ることは寂しいことでしょう。しかしパウロは決してそのことをためらわずに、テモテを送ろうとしています。
このようなパウロの姿は、イエス・キリストの姿から倣ったものです。
ピリピ書2:5-8に記されているイエス・キリストの姿がまさにそうです。
イエス・キリストは私たちを愛するゆえに、私たちのところにおいでになられました。
力ある神様ですのでわざわざ人とならなくても、力あることばによって人を救うことも可能なはずです。しかし、イエス・キリストは人となり、自ら苦しみを受けられました。私たちをどれほど愛しておられるかを実際の行動をもって示されました。
パウロも同じようにしています。一生懸命自分を支えてくれているテモテをピリピ教会へ送ろうとしているのです。これこそが真実に心配するということではありませんか。
私たちはどうでしょうか。「あなたのことを心配しています。」と言いながら、その言葉をかけたことだけで満足しているところはありませんか。私は牧師でありながらどれほど真実に他の人のことを心配したかと問われるような気がしました。言葉だけで満足するのではなく、イエス・キリストのように、パウロのように、行動をもって真実に他人のことを心配する者としてより成長したいと願います。

〖適任者テモテ】

パウロは、テモテのことをこのように語っています。20節です。
「テモテのように私と同じ心になって、真実にあなたがたのことを心配している者は、ほかにだれもいないからです。」 真実にピリピ教会を心配している者だと記しています。
そして続いてこう言っています。
「だれもみな自分自身のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことを求めてはいません。」
自分自身のことを求めることは悪いことでも、間違ったことでもありません。
しかし自分自身のことを求めるだけの生活は望ましくありません。つまりそれは、もっぱら自分のことだけを思うことです。もしそうであるとするなら、それはイエス・キリストを信じる信仰者としてふさわしくありません。他の人のことを自分のことのように思い、心に留めることが望ましい生き方です。
自分自身のことだけを求める人の中で、テモテはどのように違っていたのかについてこう記されています。
「しかし、テモテのりっぱな働きぶりは、あなたがたの知っているところです。子が父に仕えるようにして、彼は私といっしょに福音に奉仕して来ました。」
テモテがどのようにして自分と一緒に福音に仕えてきたかをパウロは他の個所でこう語っています。
第2テモテ3:10-11です。
「あなたは、私の教え、行動、計画、信仰、寛容、愛、忍耐に、
またアンテオケ、イコニオム、ルステラで私にふりかかった迫害や苦難にも、よくついて来てくれました。何というひどい迫害に私は耐えて来たことでしょう。しかし、主はいっさいのことから私を救い出してくださいました。」テモテはパウロと共にひどい迫害を耐えてきました。福音のために受けた迫害です。イエス・キリストのことを求めるゆえに受けた迫害です。それらすべての迫害をパウロといっしょに耐えてきたのがテモテだと言っています。テモテがどれほどの人であるかが良くわかります。

〖テモテのように〗

このようにテモテは福音に仕え、ピリピ教会のことを真実に心配する者であることが分かります。このみことばを読みながら私もパウロのように、またテモテのような牧会者となりたいと願いました。
しかしそう願いながらもテモテと比べてみると自分の至らなさは多く、少しがっかりしました。果たしてテモテのような牧会者となれるだろうか。少し不安がよぎってきました。
そのような中、パウロがテモテに送った手紙の中で、テモテも私のようなところがあったことを教えられました。このことは私に大きい励ましを与えてくれました。
「それですから、私はあなたに注意したいのです。私の按手をもってあなたのうちに与えられた神の賜物を、再び燃え立たせてください」
「神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。」(第2テモテ1:6-7)
「再び」ということは、以前のようにもう一度ということでしょう。つまりテモテは何らかの理由で落ち込んだことがあったということなのです。さらにパウロはテモテに対して「おくびょう」ということばを使っています。信じがたいことばですが、テモテがおくびょうであったと言うのです。
パウロが、「私たちに与えてくださったものは」と言っていますので、パウロ自身にもおくびょうな心があったということでしょう。パウロは自分がコリントにいた時に、「弱く恐れおののいていた」と言っています。パウロもテモテも私と変わらない人間で、弱さがあり、恐れがあり、おくびょうであったのだと思いました。
しかし、神様がこのようなパウロとテモテをとらえてくださって、福音に仕える者とさせてくださったのです。神様が与えてくださったものが、力と愛と慎みとの霊であるからです。それによってパウロもテモテも変えられていったのです。
私たちは、パウロもテモテも私たちとは違う素晴らしい力の持ち主のように思いがちです。私たちとは比べるものにならない、雲の上にいるような存在だと思っているのではありませんか。
聖書に記されているパウロとテモテの働きの結果から考えると確かに偉大な人たちです。しかし彼らが最初からそうであったわけではないことがわかります。彼らがそのように偉大なことができたのは神様によって素晴らしい信仰が与えられ、信仰通りに生きる力が与えられたからです。
このことを教えてくださった主に感謝します。
もし私のように、自分はおくびょうで力のない弱いものだからパウロとテモテのように生きることはできないと思っている方がおられましたら、ぜひ希望を持ってください。
パウロとテモテになさってくださったように、神様は私たちをもそのように造り変えてくださいます。昔も今も変わらない、同じ神様なのですから。神様は私たちに真実に他の人のことを心配する者として生きる力を与えてくださいます。
これからもこの信仰をもって、望みの中で歩み続けましょう。