ピリピ1:7-8 北松戸福音教会牧師 都鍾倍

*心に覚えている

心に覚えているのは、心の中に置く、心の中に持つという意味で、相手をとても喜び、大事に思っていることです。パウロは、ピリピ教会の人々をとても大事に思いました。そして、彼らに対して、感謝の心を持つこと、喜びをもって祈ること、そして、神様が彼らの中に始められた良い働きが必ず完成されることへの確信を持つことが正しいことであると語っています。パウロの心には、ピリピ教会の人々がそれほど大事で、恵みを受けることを切に願っていたことが良く分かります。

人は、誰かを大事に思うとき、愛するとき、相手のことが自分の心の中にあると言っています。私の心の中にあなたがいる、私の心があなたのことでいっぱい、このような表現はそれほど相手の事を思い、慕っていることを意味しています。パウロは、恋人のようにピリピ教会の人々を心に留めているのです。

*ともに恵みにあずかる

パウロが、ピリピ教会の人々をこのように思う理由はどこにあるでしょうか。7節にはこのように記されています。「私があなたがたすべてについてこのように考えるのは正しいです。あなたがたはみな、私が投獄されているときも、福音を弁明し立証しているときも、私とともに恵みにあずかった人々であり、私は、そのようなあなたがたを、心に覚えているからです。」
「そのようなあなたがた」と記しています。それはパウロとともに恵みにあずかった人々です。それなら、彼らはどのようにして、パウロとともに恵みに預かったでしょうか。
パウロは、主イエスの福音のために働き、福音のために投獄され、反対している人々に福音を弁明し立証するために多くの苦しみを受けていました。その働きにおいて、パウロを覚え祈りと共に、必要な物を送りました。また、パウロを世話する人をも送り、パウロの働きを一所懸命に支えました。パウロのすべての働きに参加したのです。

ここで一つ、パウロの信仰の姿勢を考えたいと思います。
パウロは、この福音のために受けるすべてのことを恵みだと言っています。福音のために投獄されることも、福音が人々の心に届き、宣教の働きが進んで行くことも、パウロは恵みであると言っています。恵みというのは、神様から与えられるもので、人が自分の力で作りだすものではありません。神様から一方的に与えられるのが恵みです。神様の賜物、プレゼントが恵みです。
パウロは、福音のために、それ故に受けるすべてのことが神様の恵みだと思っているのです。宣教の働きが進んで行くことも、そして、自分が投獄されることも、良きことも悪しきことも、主の恵みであると言っているのです。
ピリピの教会の人々がこの恵みにともにあずかったということは、ピリピの人々をもパウロと同じように福音のために行うすべてのことを、恵みであると思っていたのに違いないです。パウロと同じ姿勢をもって、同じ心をもって、福音のために仕えていたことです。それ故、パウロは彼らの事を心に覚えているのです。同労者として、心の通じ合える友として考えている。
1章29節でこのように記されています。「あなたがたがキリストのためにキリストを信じる信仰だけでなく、キリストのための苦しみをも賜ったのです」
パウロとピリピ教会はこのことにともにあずかったのです。
私も、パウロのような姿勢をもって福音に仕えたいと願います。そして、私と同様にこの教会で福音のためにともに恵みにあずかる皆さんのことを心より感謝し、これからもともに歩んで行く事を切に祈り求めます。

*慕っている

パウロは、ピリピ教会を心の中で覚えるとともに、彼らを慕っているのです。8節にこのように記されています。「私が、キリスト・イエスの愛の心をもって、どんなにあなたがたすべてを慕っているか、そのあかしをしてくださるのは神です。」
慕っている、これは強い渇望を表わしています。どれほど、これは、とても強く、熱心にということを表わしています。

ここで、パウロが慕っているのは、何であるでしょうか。慕うという言葉の目的語が「あなたがたすべて」であります。あなたがたの祈りを、あなたがたを献金を、あなたがたの訪問を慕っていると言っていません。パウロが慕っているのは、ピリピ教会の人々であります。
パウロがピリピ教会の人々を慕っていることをより真実なものにしてくれる言葉があります。「キリスト・イエスの愛の心」です。そして、そのことを証明して下さるのは、何と神様であると言っています。何という大胆ないい方でしょう。それほど、パウロは自分の心に偽りがないことを示しています。
そして、パウロがそのようにピリピ教会を慕うことができるのは、イエス・キリストの愛の心を持っているからです。ピリピ教会に対する人間的な交わりの喜びもありましたが、根本的にはイエス・キリストの愛の心をもって、彼らを慕っています。
私たちは、イエス・キリストによって、恵みにともにあずかっています。それ故、イエス・キリストの愛の心を私たちは持っています。人が良い人だから、性格が合うから、いろいろと助けてもらっているからなども互いに慕うことの大きい理由であります。しかし、そのようなことが可能であるのは、私たちがイエス・キリストの愛の心を持っているからです。パウロは、何よりそれをピリピ教会に言いたかったではないでしょうか。
私もパウロのように、イエス・キリストの愛の心の故に、私たちの教会の皆さんを慕っています。それ故に、喜びと感謝をもって祈っています。そして、皆さんも私と同じように、イエス・キリストの愛の心をもって、教会のひとり一人のため喜びと感謝の祈りを捧げていると信じています。これからもこのことを互いに続けて行きましょう。

*一番大事なものである

このようにイエス・キリストの愛の心をもって慕うことは、相手を一番大事な者として覚えていることでしょう。ピリピ教会を心に覚え、慕うパウロの心は、私たちに対するイエス・キリストの心でもあります。主は、このパウロの姿を通して、主ご自身の心を私たちに教えているのです。私たちは主に覚えられ、主に慕われる者たちです。
私たちが困難にあった時に、もしかして、主は私たちのことを忘れているのではないかという不安を覚えることもあるでしょう。しかし、主は私たちを忘れることをしません。
交読文をイザヤ43章1-7までともに読みましたが、私たちを覚え、ともにいて下さる主の姿がよく記されています。この箇所に記されていることは、私たちは主が造られたこと、主はご自身が造られた私たちをとても大事にしていることが記されています。そして、時には私たちが主から忘れられているように思えること、川の中に火の中にいるような厳しい状況、でも私たちを忘れることなくともにおられ、守って下さることを約束しています。

パウロがピリピの教会を覚え、慕っていたように、主は私たちを覚え、慕っておられることを信じましょう。私たちの教会が主に覚えられていること、大事な者とされていて、主に慕われていることを信じましょう。時には、困難があり、それ故、私たちが主を忘れるようになるかもしれませんが、主は私たちを忘れることなく、心に覚えられて、困難の中にもともにおられ、私たちを導いて下さいます。私たちは主に覚えられています。